HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

企業関係 技術・製品関係
SDPグローバル(マレーシア)SDN.BHD.が工場着工 2016 「カルプロテクチン モチダ」が潰瘍性大腸炎の体外診断用医薬品として日本初の承認取得
SDPグローバル(マレーシア)SDN. BHD.設立 2015 臨床検査薬用磁性粒子「マグラピッド」を開発
2014 初の医療機器となる外科用止血材を発売
名古屋工場の敷地内に安全教育センターを開設 2012 ポリウレタンフォーム原料の新しい製造プロセスを開発
2011 医療機器の薬事承認を初取得
衣浦工場AOA設備稼働開始。
台湾三洋化成股份有限公司設立
2010 合成樹脂用永久帯電防止剤「ペレクトロン」を開発。
高吸水性樹脂「サンウェットSG」を開発
2009 ポリウレタンフォーム原料「シャープフロー」を開発
桂研究所稼働開始。
韓国三洋化成株式会社を設立
2008 心不全臨床検査薬「スフィアライト proBNP」を開発
三洋化成(上海)貿易有限公司を設立 2007 シリコンインゴット用切削剤「ハイスタットSK」を開発。
ハードディスク基板製造工程用洗浄剤「ケミクリーンPR」を開発
2006 製造専用医薬品「ラウロマクロゴール100」を開発
サンヨーケミカル・テキサス・インク(現・サンヨーケミカル・テキサス・インダストリーズLLC)設立 2005 肺小細胞がん用EIA臨床検査薬を開発
2004 泥水掘削工事用掘削泥水剤 「Super Slurry」を開発
三洋化成精細化学品(南通)有限公司設立。
サンライズケミカルLLCを持分法適用会社化。
企業倫理憲章制定
2003 ポリエステルビーズ(重合トナー中間体)「アペックスナロー」を開発
2002 ポリウレタンフォーム用原料「アルティフロー」
「エクセルフロー」「プライムポール」を開発
サンダイヤポリマー株式会社
(現・SDPグローバル株式会社)設立。
名古屋、京都、鹿島の各工場で
ISO14001認証取得完了
2001
2000 ウレタンビーズ「メルテックス」を開発。
高級アルコール系非イオン界面活性剤
「ナロアクティー」を開発

名古屋、京都、鹿島の各工場でISO9001認証取得完了。

衣浦分工場稼働開始(現・衣浦工場)

1999 電気二重層キャパシタ用電解液「パワーエレック」を開発
サンヨーカセイ(タイランド)リミテッド設立 1997
1994 合成樹脂用永久帯電防止剤「ペレスタット」を開発
ハーキュリーズ-サンヨー・インコーポレイテッド
(現・サンヨーケミカル・アンド・レジンズLLC)設立。
研究第2棟稼働開始
1992 ウレタン樹脂エマルション「ユーコート」を開発
SANAMコーポレーション設立。 1989
1986 アルミ電解コンデンサ用電解液「サンエレック」、
合成木材「サンモジュール」を開発
サンケミカル株式会社設立 1982 燃料油用低温流動性向上剤
「キャリオール」を開発
東京・大阪証券取引所第一部に株式上場 1978 EIA用臨床検査薬を開発
株式会社サン・ペトロケミカル設立 1977 高吸水性樹脂「サンウェット」を開発
鹿島工場稼働開始 1976
1972 トナーバインダー「ハイマー」を開発
1969 高分子凝集剤「サンフロック」を開発
名古屋工場稼働開始。
大阪証券取引所第二部、
京都証券取引所('01年閉鎖)に株式上場
1968
三洋化成工業株式会社に社名変更 1963  潤滑油添加剤「アクルーブ」を開発
川崎工場[現在サンケミカル(株)に貸与]稼働開始 1960 ポリウレタンフォーム原料「サンニックス」、
ポリエチレングリコール「PEG」を開発
三洋油脂工業株式会社として創業 1949

企業情報

Copyright (c) Sanyo Chemical Industries, Ltd. All rights reserved.