CORPORATE GOVERNANCEコーポレート・ガバナンス

当社グループではコーポレート・ガバナンスを経営の最重要課題のひとつとして位置づけています。金融庁と東京証券取引所が取りまとめたコーポレートガバナンス・コード(上場企業が守るべき行動規範を示した企業統治の指針)にも積極的に対応することで、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上につとめています。
取締役会については、構成員9名のうち3名を独立社外取締役(うち2名は女性)とすることで、ガバナンスの一層の強化を図っています。

 

 

コーポレートガバナンス・ガイドライン

(1)制定の目的

本ガイドラインは、当社グループの持続的成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、当社におけるコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方や枠組み、運営方法等を定めています。

(2)構成

本ガイドラインは、以下の7つの項目で構成されています。

第Ⅰ章 総則
第Ⅱ章 株主の権利・平等性の確保
第Ⅲ章 ステークホルダーとの適切な協働
第Ⅳ章 適切な情報開示と透明性の確保
第Ⅴ章 取締役会等の責務
第Ⅵ章 株主との対話
第Ⅶ章 その他

本ガイドラインの詳細をPDFでご覧いただけます。

コーポレート・ガバナンスに関する報告書

当社のコーポレート・ガバナンスに関する報告書をPDFでご覧いただけます。
なお、同報告書は東京証券取引所WEBサイトにも掲載されています。

 

 

 

コーポレート・ガバナンス体制

 

                                                                      2021年6月18日現在 

 

 

 

取締役のスキル・マトリックス

当社取締役のスキル・マトリックスをPDFでご覧いただけます。

 

PAGE TOP