People三洋化成の人

Production
and
Technology 生産・生産技術職

三洋化成で活躍する
生産・生産技術職2名の
インタビューを紹介します。

小林 響

2015年入社 名古屋工場 工務部
  • 工場内で起こるすべてのトラブルに挑む

    私の所属する工務部の業務は多岐に亘るのですが、私の主な業務は工場内で発生するあらゆる設備トラブルの対応です。
    工場内には実に様々な設備があります。様々な化学反応を行う反応槽であったり、酸・アルカリ・水といった多様な液体が流れる配管であったり、自動的に稼働するバルブであったり。細心の注意を払っていても、老朽化をはじめとした様々な要因が重なり、それらが突然動かなくなってしまうのは珍しいことではありません。そして発生したトラブルに対し、適切な対処方法を判断するのも私達の仕事。一口に修理といってもその程度や種類は千差万別で、常に時間をかけて修理を行えるわけではありません。今すぐに生産を再開しなければならないとしたら、応急的に修理することもあります。そしてしっかり直せるタイミングで修理を行います。
    そういった諸事情をコストの問題と照らし合わせ、現場で設備を稼働させるオペレーターの方と相談して進めています。

  • どんなトラブルにも対応できるように

    この仕事では特に、現在発生しているトラブルの要因を突き止める、ということが大事だと考えています。
    設備にトラブルが発生した時、どこに問題があってどういうトラブルにつながったか、という要因はいくつも考えられるんですよ。それが、自分が絞った一つ目で的中すると嬉しいですね。単純に手間や時間が省けたという嬉しさもありますし、短いながらも自分なりに積んだ経験や知識が役立ったという喜びもあります。もちろんまだまだ経験は不足していますが、それでも要因を突き止められたときは、ただの勘ではなくてきちんとロジカルに調べることができていたんだな、ということなので。それがとても嬉しいんですよ。
    学生時代の経験もあって現在は主に電気の方面のトラブルを担当していますが、これからは機械関係をはじめとした他分野のトラブルにも対応できるよう成長していきたいです。「これは知らない」「自分の範疇ではない」といってあきらめるのではなく、様々な経験をして、幅広い分野で活躍できるようになりたい。それが私の目標です。

嶋内 恵奈

2010年入社 生産技術部
  • 製品をユーザーに届けるために欠かせない仕事

    仕事はプロセスエンジニアリングです。
    プロセスチーム自体は研究と生産のちょうど間のセクションになります。研究が小規模なスケールで試作したものを、工場という大きなスケールで安全に作るための条件を決定する、といったところが業務領域になります。
    小型のモデル装置の状態とまったく同じ効果を、工場の設備で実現するために行う設計を「スケールアップ」と呼ぶのですが、つまり研究が決めた目標品質を守り、安全で、効率的に生産することがプロセスエンジニアのミッションです。だから研究が開発したどんな素晴らしいものも、私達生産技術部がいないと宝の持ち腐れであり、ユーザーの元には届きません。強い使命感とともに、大きなやりがいもある仕事だと思います。
    そしてもちろん三洋化成の幅広い製品群に対応していますので、様々なジャンルの知識が得られることに加え、研究から実生産までのすべての開発に関われることも面白さのひとつです。

  • どんな状況の人にも働きやすい職場

    現在7歳と2歳の子どもがいます。
    今まで産休育休をとったりして、少し仕事から遠のいた時期が何度かありました。ですから将来的にはバリバリのエンジニアになって活躍していきたいと思う反面、時短勤務をしているので、ほかのメンバーとまったく同じようなリズムで業務することは難しい、というのが現実です。
    しかし時短勤務中であっても、重要な案件には携わっており、十分やりがいを感じています。育休に関しても、子どもが保育園に入れるまで期間を延長することができ、安心して育児・復職することができました。勤務時間を自主的に設定できるフレックスタイム制や1時間単位の有休のほか、最近ではベビーシッターや病児保育の補助制度などもでき、ますます働きやすくなっていることを実感しています。
    三洋化成は、育児や介護など様々な状況にある人が両立・活躍できるようにサポートする制度が整っています。多様な人材が輝ける環境を作ることは、会社の成長には絶対に欠かせない要素なのだと思います。