WITH CUSTOMERSお客様とともに

安全・安心な製品の提供

お客さまとのコミュニケーションを通じて性能面・品質面・環境面のニーズを把握し、これにマッチする製品紹介や新製品開発を行うとともに、製品に関する適切な技術・安全情報を提供します。
新規に販売する製品は、お客さまでの用途を把握し、お客さまのグリーン調達や紛争鉱物の不使用等の要求事項に適合することを確認した上で販売を開始するシステムにしています。また、製品設計段階からお客さまのニーズに適合しない化学物質を排除することを定めています。
製品製造にあたっては、当社グリーン調達基準に適合した原材料を使用し、環境保全につとめています。

 

 

製造物責任(PL)

製造物責任(PL)基本規定のもと、PLに関する専門部(製品等審査部)を設置しPL事故予防体制を整えています。製品等審査部は、製造物の国内外法規制への適合性審査、ラベルや安全データシート(SDS)審査、化学物質自主管理、顧客対応等を担います。

PLに関する審議事項や、PL事故・苦情が発生した場合には、PL審議会、PL対策会議を招集して対処します。

 

 

製品の安全性情報の提供

パンフレット類で製品を紹介する際はSDSも同時に提出し、お客さまが技術的な特徴と安全な取扱方法を確認できるようにしています。化審法、労働安全衛生法、PRTR法、毒劇物法など化学物質関連法の改正によるSDSやラベル表示などの改定は随時実施しています。

また、製品を運送するトラックやタンクローリーの運転手には、運送中の万一の事故発生時に適切な対応がとれるよう、応急措置法や緊急時連絡先を記載したイエローカードを交付しています。

 

輸出管理

化学製品を輸出する場合、日本の輸出貿易管理令のほか、相手国の法令や国際条約などにより制限を受ける場合があります。これらを順守するため、受発注システムの中に「輸出ストップシステム」を組み込んでいます。
受注を入力する際に「輸出許可マスタ」に登録のない製品は拒否されるシステムです。本システムのもととなる製品の化学組成と各国登録状況、法令・条約の規制の有無などは、製品等審査部が審査しデータベース化しています。

また、輸出管理委員会では、各国法令に対する当社グループの対応を検討・審議しています。

 

 

お客さまと

当社の新製品や技術情報は、適宜プレスリリースや記者会見等で発信するほか、展示会等でお客さまとのコミュニケーションを通じ提供できるようにつとめています。
また、当社ホームページの製品検索のページでは、はたらきや用途・組成からの検索だけではなく、社会のニーズからも検索できるようにしています。

 

 

製品検索

はたらきや用途、化学組成からご希望の製品を検索できるようホームページでの検索システム、総合カタログ(冊子)を整備しています。

 

 

確かな品質管理

当社は約3000種類のパフォーマンス・ケミカルスを生産し、市場に提供しています。自社でのプラント設計による可能な限りの自動化で、多品種変量生産に対応しています。
国内外の工場でISO9001を認証取得しており、当社品質管理体制と相乗させた品質管理システムを構築し、運用しています。また、医療機器および体外診断用医薬品に関する品質管理マネジメントシステムとして、バイオ・メディカル事業本部がISO13485の認証を取得しています。

 

品質保証体制

品質に関するお客さまからのクレームや苦情、お問い合わせを工場の品質保証課が一元管理しています。クレーム等が発生した場合はただちに原因究明を行い、再発防止策を立案し、お客さまへ迅速な回答を行うとともに、グループ各工場に情報共有し対策の水平展開を図っています。

RC本部の品質統括部は、品質に係る業務の統括、コンプライアンス確認および業務監査を行います。

PAGE TOP