SOCIAL CONTRIBUTION ACTIVITIES社会貢献活動

~自然を大切に思う心を育む~「三洋化成の森」づくり活動

京都モデルフォレスト運動(京都府が推進している森の恵みを受けている府民みんなで京都の森を守り育む取り組み)の趣旨に賛同し、2009年度から京都府相楽郡和束町で年3回程度「三洋化成の森」づくり活動を行っています。


  • 2018年4月 新入社員教育(伐採体験)①

  • 2018年4月 新入社員教育(伐採体験)②

  • 2018年9月 京都山キッズ応援協定に協力して緑の少年団等を活動に受け入れ①

  • 2018年9月 京都山キッズ応援協定に協力して緑の少年団等を活動に受け入れ②

  • 2018年11月 和束町の「茶源郷まつり」に無料の木工体験ブースを出展①

  • 2018年11月 和束町の「茶源郷まつり」に無料の木工体験ブースを出展②

  • 2018年12月 伐採体験ときのこの菌打ち①

  • 2018年12月 伐採体験ときのこの菌打ち②

このほか、公益社団法人京都モデルフォレスト協会の森づくり基金に資金提供し、和束町での森林整備事業(間伐等)に役立てています。

 

 

地域社会とともに

住宅地に囲まれた京都地区では、年2回「地域モニター会議」を開催し、地域の皆さまとコミュニケーションを深め、地域の意見や要望を当社の活動に反映させています。
このほか、国内外工場では、地区ごとに独自の取り組みを行いコミュニケーションを図っています。


  • 2018年5月「京都府防犯協会連合会長表彰」を受賞(当社)①

  • 2018年5月「京都府防犯協会連合会長表彰」を受賞(当社)②

  • 2019年1月タイの「子どもの日」のイベントで地域貢献(SKT)

  • 2019年3月南通開発区小海小学校へ、運動着と運動靴のセットを寄付(SKN)

  • 2019年3月南通蘇通科技産業園区実験中学校へ保温マグボトル等を寄付(SDN)

  • 2018年9月に従業員家族、10月に近隣の小学校の生徒が工場見学(SDPM)

 

寄付・支援活動

2018年度寄付の内訳

当社の社会貢献活動方針に基づく寄付基準にしたがい、自然保護基金、化学人材育成プログラム協議会などに寄付を行いました。
そのほか、国内外の事業所ごとに寄付・支援活動を実施しました。右は2018年寄付の内訳です。

社会貢献活動方針

  • 社会貢献活動方針
    三洋化成グループは、「良き企業市民」として、豊かな社会の実現とその持続的な発展に貢献します。
  • 取り組みにあたって
    三洋化成グループは、社会の幅広い層と力を合わせて、持てる資源を有効に活用しながら、次の世代を担う人材の育成と社会的課題の解決に向け、積極的に社会貢献活動に取り組みます。
  • 各国・地域のニーズへの対応
    三洋化成グループは、社会貢献活動の理念をグループ内で共有し、各国・地域のグループ拠点と連携を取り、各国・地域の実情に合わせた社会貢献活動を展開します。
  • 情報開示
    三洋化成グループは、社会貢献活動の成果を開示し、広く社会と共有することで、豊かな社会の実現とその持続的な発展に貢献します。

 

 

未来や夢を応援します

~活動20周年~小学校への化学の出張授業

先生は研究部門・生産部門の若手従業員

小学校への出張授業

●京都地区・・・8区(京都市、宇治市、亀岡市、大津市)

●名古屋工場・・・2区(東海市)

●鹿島工場・・・3区(神栖市)

 

 

 

「第30回青少年のための科学の祭典」に実験ブースを出展(鹿島工場)

 

 

京都市青少年科学センター特別展(企業展示)“「はたらき」を化学する”

2018年7月~9月に出展された展示物は一部常設展示となりました。

京都府立南陽高等学校付属中学校の授業に協力

 

 

~環境保全も食育も地域社会貢献も~棚田保全活動(SCC、塩ケミ)

 

 

日川浜海岸清掃ボランティア(鹿島工場)

 

 

高校生のためのフューチャーフォーラムに講師として参加(研究部門)

このほか

本社地区では●京都市立日吉ヶ丘高校スーパーグローバルハイスクール活動 や ●東山泉小中学校 勤労体験

研究部門では●海外研修生の受け入れ などに協力しています。

PAGE TOP