HOME > 新着情報 > プレスリリース > 熱黄変せず高い透明性を保持することができる非アンチモン系光酸発生剤を開発-光学部材用途に最適-

新着情報

熱黄変せず高い透明性を保持することができる非アンチモン系光酸発生剤を開発-光学部材用途に最適-

CATEGORY: プレスリリース

2018/05/16

三洋化成工業株式会社の連結子会社であるサンアプロ株式会社(本社:京都市東山区)はこのたび、ディスプレイやレンズなどの光学特性が求められる部材に用いられる光酸発生剤(光カチオン重合開始剤)として、非アンチモン系でありながら高活性で、それを用いた硬化物は熱黄変せず高い透明性を保持することができる『CPI-310FG』(開発品)を開発しました。さらに、『CPI-310FG』は金属腐食性の高いフッ化水素(HF)を副生しないため、絶縁性が求められる用途にも適しています。 (173KB)

 

 

サンアプロ株式会社の詳細につきましては、下記リンクよりご覧いただけます。

https://www.san-apro.co.jp/

前のページへ戻る

新着情報

Copyright (c) Sanyo Chemical Industries, Ltd. All rights reserved.