HOME > 新着情報 > プレスリリース > シルクエラスチンを用いた「革新的半月板損傷治療技術の創生研究」がAMED 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-MS)に採択

新着情報

シルクエラスチンを用いた「革新的半月板損傷治療技術の創生研究」がAMED 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-MS)に採択

CATEGORY: プレスリリース

2018/10/15

 

三洋化成工業株式会社は、機能性タンパク質「シルクエラスチン」の研究開発を進めています。シルクエラスチンは細胞親和性が高く弾性に富み、細胞の分化・増殖の足場として適していることから様々な治療に展開が期待されます。当社は、膝関節疾患の治療分野をリードしてきた国立大学法人広島大学と共同でシルクエラスチンの活用を検討しています。このたび同大学の研究課題「革新的半月板損傷治療技術の創生研究」が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の医療分野研究成果展開事業 「産学連携医療イノベーション創出プログラムセットアップスキーム(ACT-MS)」に採択されましたので、ご報告申し上げます。

 

  (205KB)

前のページへ戻る

新着情報

Copyright (c) Sanyo Chemical Industries, Ltd. All rights reserved.