PRODUCTS製品情報

PEG-600

概要

分子量の異なるポリエチレングリコールの混合物。PEGの種類は、通常、数平均分子量で規定されています。

構造式

特長

・皮膚になじみやすく、水溶性で、適度な保水性を有し、不揮発性で、油のようにべたつかない。
・刺激性や毒性が低く、安全性が高い。
・PEGおよび水溶液は優れた潤滑性を示す。
<製薬関連>
・製薬工業用は、日本薬局方『マクロゴール』で別扱い。
<化粧品・トイレタリー関連>
・ヘアケア・スキンケア全般で使用される基剤。急性毒性が低く、眼や皮膚に対する刺激も低い水溶性基剤。
・保湿剤・湿潤剤・溶剤。
・生分解性を持つ。
・ 保湿剤 - 歯磨や洗顔フォーム、ヘアケア製品およびウエットティッシュの保湿剤として使用できる。
<繊維関連>
・ のり付け剤 - ポリエステルやナイロン、レーヨンなどの布をのり付けして縫製する際に、配合すると、布に柔軟性と帯電防止性が付与され、針へののり付着を防止し、縫製性が向上する。 また、のり剤の皮張り防止にも有効。
・ 穴あけ剤 - 中空糸やポーラス繊維の穴あけ剤として使用できる。
<製紙関連>
・ 柔軟剤 - 紙の柔軟剤として適しており、低揮発性のため柔軟効果が持続する。
<樹脂関連>
・ 樹脂改質剤 - PEG両末端の水酸基を利用して、ポリエステル樹脂やアルキッド樹脂およびポリウレタン樹脂を変性すると、可とう性や親水性などを付与することができる。
<木材関連>
・ひび割れ防止剤 - 水溶液に木材を浸せきすると、木材中の水分がPEGと置換されて寸法変化が小さくなり、ひび割れを起こしにくくなる。
<農業関連>
・製剤用助剤 - 粉剤やフロアブル製剤およびドライフロアブル製剤の、流動性の調整やケーキング防止に有効。
<化成品関連>
・ 界面活性剤原料 - PEG両末端の水酸基を利用して各種の界面活性剤が合成できる。中でも、高級脂肪酸とのエステル化物は、乳化剤や分散剤および洗浄剤などとして使用される代表的な界面活性剤。
・化成品原料 - PEG両末端の水酸基を変性し(アルキルエーテル化やアミノ化、カルボキシル化、グリシジルエーテル化およびエステル化など)、化成品の原料として使用される。
<その他>
・粘度調整剤 - ボールペン用インクの粘度調整剤として用いると、字切れを防ぐなど、インクの性能が向上する。
・ 熱媒体 - 沸点や比熱が高く熱安定性が良好ですので、熱媒体として使用することができる。また、水に溶けやすいので洗浄が容易。
・ 蓄熱剤 - 融解熱が大きいので、蓄熱剤として好適。

      

機能(はたらき)

  • ・湿潤・浸透機能
  • ・分散機能
  • ・潤滑・平滑機能
  • ・可塑・柔軟化機能
  • ・粘度調整機能
  • ・接着・粘着機能
  • ・帯電防止機能
  • ・保冷・蓄熱機能
  • ・合成・重合・成形原料機能
  • ・可溶化機能
  • ・その他機能

用途

  • ・化粧品(ヘアケア・スキンケア関連)
  • ・洗剤・ソフナー
  • ・医薬・医薬外品・医療用具
  • ・農業・園芸
  • ・繊維
  • ・製紙
  • ・合成樹脂・ゴム
  • ・土木・建築
  • ・その他
      

組成

ポリオール系 ポリエチレングリコール

物性等

スクロールできます
主成分 ポリエチレングリコール 外観 無色液状
(20±5℃)
pH(測定濃度) 6.0
(5質量%水希釈液)
荷姿 缶入 20kg
ドラム入 230kg
消防法 第四類第四石油類 凝固点(℃) 20
水酸基価 187(無水酢酸/ピリジン法) 数平均分子量 600(水酸基価から求めた値) 公定書 医薬部外品原料規格2006
公定書成分名 ポリエチレングリコール 600 化粧品成分表示名称 PEG-12 医薬部外品成分表示名称 ポリエチレングリコール600
INCI名 PEG-12 INCI名(中文名称) 聚乙二醇-12 中国輸出可否
IECIC1015登録

本品を取り扱うにあたっては、本品および副資材(化学品)の「安全データシート」(SDS)を事前に必ずお読みください。

ホームページ上に掲載していないSDSについては、お手数ですが弊社担当営業までご連絡ください。