• TOP
  • 三洋化成の森

FOREST ACTIVITIES 三洋化成の森

活動場所

  • ・京都府和束町湯船地区

活動内容

~自然を大切に思う心を育む~
京都モデルフォレスト運動(京都府が推進している森の恵みを受けている府民みんなで京都の森を守り育む取り組み)の趣旨に賛同して始めた活動ですが、社員同士の交流の場や、自然や環境に関心を持つきっかけに、林業への理解を深める場に、林産資源の活用に、と多様な展開を図っています。地元の和束町や京都府山城広域振興局、公益社団法人京都モデルフォレスト協会、京都森林インストラクター会にもご協力いただきながら楽しく活動しています。

活動場所・活動内容

活動実施日:2019年10月19日(土)

第20回森づくり活動

天気:曇り時々晴れのち雨

参加人数:37名(山キッズ交流会含む)

作業内容:植樹、樹木図鑑作り

 

前日まで天気予報は雨でしたが、明け方にはやんで、植樹にはもってこいの湿り具合。

記念撮影、山城広域振興局さんから安全講習を受けた後、植樹指導の森林文化協会さんから今回植える木のお話を聞いて、いざ植樹!尾根筋に植えるので登るのは大変でしたが、ちびっこも頑張りました。植えるのに邪魔になる木を少し伐って場所をあけ、植える時にはちびっこもお手伝い。植えた木がシカなどに食べられないよう、柵も設置しました。植え終わった時にちょうど水やりするかのように恵みの雨(すぐにやみました)。

 

  • どんな木を植えるのかな?

     

  • がんばって掘って

     

  • 植えますよ

     

  • 植えました!

     

  • 柵も立てます

     

  • しっかりガード!

     

 

お昼ご飯はマカロニ入りのトマトスープとパン。たくさんおかわりする子も、早く川で遊びたい子もにぎやかでした。

ご飯を食べた後は樹木図鑑作り。班ごとに葉っぱを採取しながらインストラクターさんのお話を聞きました。いつもの観察会は見るだけでなかなか木の名前を覚えられないので、図鑑を自分で作るようにしてみましたが、みなさん覚えられたでしょうか?(ちなみに午前中で疲れ切った(?)子どもたちは残って川遊びでした。)

 

  • インストラクターさんのお話を聞きながら

     

  • 葉っぱを採ったり、メモしたり

     

  • 樹木図鑑できたかな?

     

 

今回も、和束町や京都府、山城広域振興局、森林インストラクター会などたくさんの方々のご協力で楽しく活動できました。ありがとうございました。

雨は活動が終わってから降りました。

 

参加者の感想:

・今回、私はあまり参加するつもりがなかったのですが、娘は当然のように参加する気でした。(生産部門 社員)

・子どもが木を植えて、柵も一生懸命作っていました。(研究部門 社員)

・長男はめずらしい落ち葉があればすぐ拾って帰ってくるので、今回は木から採取できたのでとっても喜んでいました。(生産部門 社員)

・いつも何の木かなと思っていた木の名前をすぐに教えてもらって、花・実までも説明してもらった。(山キッズ 引率)

・樹木図鑑を完成させたい。(間接部門 社員)