SUSTAINABLE MANAGEMENTサステナブル経営

社是

 

企業倫理憲章

当社グループは、コンプライアンスと企業の社会的責任を肝に銘じて、持続可能な社会の実現に向けて自主的に行動し、社会的良識と清廉さをもって社是「企業を通じてよりよい社会を建設しよう」を実践します。この企業倫理のもとに、有用な製品提供、適正取引、環境保護、コミュニケーション、情報管理、人権尊重、社会貢献、安全の徹底、反社会的勢力との関係遮断の9つの主たる行動基準を定めています。

全経営者は、本憲章の率先垂範が最も重要であることを認識し、グループ内での本憲章の順守状況を責任をもって管理する等、グループ内における実効ある管理体制の整備につとめ、サプライチェーンにも本憲章の精神に基づく行動を促します。本憲章に反し社会からの信頼を失うような事態が発生したときには、経営トップ自らが原因究明、再発防止等につとめ、その責任を果たします。

 

企業倫理憲章:https://www.sanyo-chemical.co.jp/company/ethic

 

 

 

 

 

サステナブル経営

これまでCSR委員会が中心となって環境・社会・経済における持続可能性に配慮したCSR経営を行ってきましたが、社会からの企業への役割期待が変化する中、このたび企業としての存在意義(パーパス)を改めて問い直し、グループ一体となってサステナビリティ推進体制をより一層強化するため、サステナブル経営をCSR(企業の社会的責任)の上位概念として位置づけ、サステナブル経営委員会を設置しました。2021年3月に、UNGC(国連グローバル・コンパクト)に加盟しました。

 

 

 

CSRガイドライン

CSR活動を当社グループ全体で推進するために、コンプライアンス、コーポレート・ガバナンス、環境、安全、人権、雇用など11項目の取り組むべき課題を網羅したCSRガイドラインを定めています。各項目の推進責任者は、その実践についてコミットメントを表明し、推進責任者により指名された実行責任部署を中心に具体的な取組内容とスケジュールを定めて推進します。

 

 (画像をクリックすると拡大できます)

 

 

 

従業員行動指針

従業員行動指針は、企業倫理憲章に掲げた行動基準を順守するための基本的な心構えと日々の行動につながる具体的なアクションを記載し、企業人として行動するうえで考慮すべき点を記したものです。関連する社内規定や法令、参考情報も記載しています。

PAGE TOP