Approach to Climate Change気候変動への対応

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)へ賛同を表明

2021年12月に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)の提言に賛同を表明しております。
TCFDは、G20からの要請を受け、金融安定理事会(FSB)により設立されたタスクフォースです。
パリ協定に基づく温室効果ガス排出削減の取組みへの機運が世界中で高まっており、気候変動によるリスクおよび機会が経営に与える財務的影響を評価し、ガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標の4項目について開示することを推奨しています。
当社は「企業を通じてよりよい社会を建設しよう」を社是として、環境・社会・経済における持続可能性に配慮したサステナブル経営に取り組んでいます。本提言に賛同することで気候関連のリスク、機会について、経営戦略に反映し、持続可能な社会の実現に貢献するとともに、それらを財務諸表等に落とし込んで開示し、持続的な企業価値の向上につなげてまいります。

 

 

 

 

 

 

TCFD提言に基づく気候変動への取り組み

当社では、従来から気候変動への対応を進めております。経営方針でも明示しております「2030年にCO2削減量50%以上(2020年度比)、2050年にネットゼロ」を実現するために、TCFD提言に基づく気候変動への以下取り組みを進めてまいります。

 

→横にスクロールしてください スマホ用に使ってください

項目 内容
ガバナンス 取締役会による監視体制の構築・運用
戦略 気候関連リスクおよび機会の設定

シナリオ分析・複数シナリオ設定

リスク管理 気候関連リスクの選別・管理・評価体制の構築
指標と目標 気候関連リスクの選別・管理・評価体制における指標と目標を設定

Scope1、Scope2、Scope3のGHGについての情報開示

PAGE TOP