MATERIAL ISSUES(MATERIALITY)マテリアリティ(重要課題)

三洋化成グループは、社是「企業を通じてよりよい社会を建設しよう」に基づき、創業以来一貫してサステナブル経営を実践してまいりました。この経営姿勢をステークホルダーに明示すべく、「サステナビリティ基本方針」を策定するとともに、当社グループの中長期での価値創造に大きな影響を及ぼす重要課題として「マテリアリティ」を特定しました。2030年のありたい姿に向けて進めている「WakuWaku経営」において、これらの課題解決を優先事項として取り組んでまいります。

 

サステナビリティ基本方針

三洋化成グループは、創業以来大切にしてきた社是「企業を通じてよりよい社会を建設しよう」に基づいて、ステークホルダーと連携しながら、経済的価値と社会的価値を共に向上させて、将来にわたって持続的な成長を目指します。

 

 

WakuWaku経営概念図

マテリアリティを表のみで表すのではなく、WakuWaku経営との関連性についても概念図で表現しました。

<コンセプト>
・ WakuWaku経営とは一人ひとりにスポットライトを当てて、プロフィットを意識したOne Teamの強い骨格を作り、すべてのステークホルダーのワクワクを引き出す経営手法。

・WakuWaku経営がステークホルダーとの界面を今まで以上に活性化し、ワクワクする未来に向けてよりよい社会を建設する。

 

 

 

 

マテリアリティ

社是「企業を通じてよりよい社会を建設しよう」の理念の下、 6つのマテリアリティを特定しました。「すべてのステークホルダーのワクワク」・「環境・社会的価値と経済価値をステークホルダーと共創」・「社員一人ひとりが価値の創出に貢献」を実現しながら、これらの課題に取り組みます。

 

1.事業に関するマテリアリティ

 

2.基盤強化に関するマテリアリティ

 

 

当社グループは、これらの課題解決に取り組むとともに、積極的な情報開示による、ステークホルダーとのコミュニケーション強化を図り、今後も引き続きサステナブル経営を実践してまいります。

 

マテリアリティに関する詳細資料はこちら

PAGE TOP