WITH STAKEHOLDERS AND INVESTORS株主・投資家とともに

ディスクロージャー・ポリシー

https://www.sanyo-chemical.co.jp/ir_info/policy

[基本方針(開示基準)]

当社は、会社法、金融商品取引法等関係法令、および東京証券取引所の定める適時開示則(以下「適時開示則」)に従って情報開示を行います。また適時開示則に該当しない情報につきましても投資家・株主の方々に当社の状態を正しくご理解いただくため、正しい情報をその内容の良し悪しにかかわらず適時公正に、公平に開示します。加えて、「決算説明会」の開催や刊行物による情報開示も積極的に進めてまいります。

[開示方法]

適時開示則に定める重要情報(決定事実、発生事実、決算の内容、その他)については、同規則に沿い東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示します。TDnetでの開示のあと、当社ホームページ上に掲載するとともに、新聞等の報道機関に公表します。また、適時開示則に該当しない情報についても、当該情報が投資家・株主の方々に適時公正に伝達されるよう当社ホームページ上に掲載します。

[沈黙期間について]

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌日から決算発表までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関するコメント・質問への一切の回答を控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、沈黙期間中であっても、判明した業績予想が既発表の業績予想から適時開示則に該当する差異を生じることが明らかになった場合、上記開示方法により業績予想修正として情報開示を行います。

[将来の見通しについて]

当社では東京証券取引所他に提出する収益予想に加え、業績等の見通しに関する情報を開示する場合があります。歴史的事実以外の情報は、一定の条件のもとで作成された見通しや計画です。これらの見通しと大きく異なる結果になりうることをあらかじめご了承ください。また、適時開示則に該当しない情報について、その情報の正確性や掲載内容につきましては細心の注意を払っておりますが、正確性を保障し、また責任を負うものではありませんのでご了承ください。

[社内徹底]

当社は、このポリシーを当社およびグループ全体に浸透させ、徹底させてまいります。投資家・株主の方々からのお問い合わせにつきましては、全てIR担当部門が対応いたします。

株主総会

株主総会

株主総会を株主の皆さまと経営者との対話の場と位置づけています。できるだけ多くの株主の皆さまに参加していただくため、株主総会の開催日は株主総会集中日を避けて設定しています。

環境省 環境情報開示基盤整備事業

環境情報開示基盤整備事業とは、環境に取り組む企業が投資家等から適切に評価され、適切に資金が流れる社会の構築を目指し、環境情報を中心としたESG情報開示・対話を行うことを目的とした環境省が実施する事業です。
当社は2013年から参加しており、環境情報の開示と投資家等とのESG対話を行っています。

IR情報開示

決算説明会やホームページにて、広く国内外の投資家の方々向けに情報を開示しています。

説明会の実施状況(2017年度)

開催回数 参加人数
決算発表(メディア向け) 2回 22人
決算説明会(機関投資家向け) 2回 90人
個人投資家向け会社説明会 2回 152人

用語解説

ESG

企業が持続的に成長できるか否かを判断する指標として用いられる、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(統治)の三要素。ESGの諸要素は、短期的には利益に直結するものとは言いがたいが、ESGに十分に配慮している企業は、長期的・持続的に成長・発展してゆくことが期待でき、リスクの少ない安定した投資先として、近年、株式市場で注目を集めている。

PAGE TOP