WITH SUPPLIERSサプライチェーンとともに

原材料等の調達において、CSR調達、グリーン調達を実施しています。また、グループ各社では三洋化成の実践手法をベースに、各社の実情に合わせた活動を展開しています。

 

CSR調達

サプライチェーン全体でCSR向上を図るため、サプライチェーンCSR調達ガイドラインを策定し、調達先のご協力をいただきながら2010年度から運用しています。
調達先のCSR推進状況は2年に1回のアンケート調査によりモニタリングしてきました。2019年度は2018年度に実施した国内調達先へのアンケート結果をフィードバックしました。

 

サプライチェーンCSR調達ガイドライン

  • CSR推進のための社内システムを確立・整備する。
  • 法令順守・企業倫理などコンプライアンスを徹底する。
  • 環境に配慮し、安全を確保する事業活動を実践する。
  • 化学物質管理、グリーン調達を行い、製品の安全性確保と環境負荷低減を図る。
  • 非常事態への的確な対応と適切な情報開示など、リスク管理を推進する。
  • お取引先、株主、従業員などステークホルダーとのコミュニケーションを図り、企業の透明性を高める。
  • 児童労働・強制労働を排除するとともに、人権を尊重して差別を撤廃し、労働環境の改善に努める。
  • 機密情報の漏洩防止、自らおよび第三者の知的財産の保護に努める。

グリーン調達

環境負荷をより低減した製品を設計・供給し、お客さまに適切な製品情報を提供していくため、生産資材を対象としたグリーン調達基準を制定し2005年から運用しています。
当社ではこの調達基準に適合する資材を調達することを基本とし、調達先に環境負荷物質の含有情報等の回答を求めています。2019年度は原料納入仕様書、環境・化学物質管理活動調査票の内容を見直し改定しました。
また、事務用品、OA機器、副資材、乗用車などを対象としたグリーン購入も2000年から実施しています。

方針

環境保全活動および化学物質管理を行っているサプライヤーから、当社の「化学物質管理レベルの指針」に適合する資材を調達する。

要求事項

I.企業の活動として

  • 環境マネジメントシステムに基づき、環境保全活動を行っていること。
  • 化学物質管理システムを構築し、運用していること。
  • 環境に配慮し、安全を確保する事業活動を実践する。
  • 調達品の含有化学物質情報を提供いただくこと。

II.納入いただく製品に関して

  • 当社の定める使用禁止物質、使用削減物質についての含有状況調査報告
  • 重金属類の含有量調査
  • RoHS、ELVに定められる化学物質についての不含有保証

運用

  • 要求事項について調査書類を評価し、原則として、企業活動および製品に関する情報の両方を満足した資材を調達します。
  • 評価結果に応じ、より安全で環境負荷の少ない資材への切り替え、またはお取引先への改善依頼や監査を行う場合があります。
  • 企業活動についての評価は定期的に行い、評価結果はお取引先にフィードバックします。

取引開始にあたって

新しく資材を納入いただく際には、以下の書類を提出いただきますようお願いします。

基準書等

PAGE TOP