Health and Productivity Management健康経営

三洋化成グループは、従業員一人ひとりが高いモチベーションのもと、常に新しいことに挑戦し、“ワクワクする会社”を作り上げることで、さらなる企業価値の向上を目指しています。そのためには、従業員一人ひとりが”健康”であることが不可欠です。心身ともに健康な状態で働くことが、従業員とその家族の幸せを作り、会社の発展にも繋がっていくと考えています。そこで、従業員の健康維持増進を個々の管理に任せるだけでなく、会社が積極的に関与することが経営における重要課題であると捉え、2018年に「健康経営宣言」を制定し、健康経営を積極的に推進しています。健康経営の活動を通じて、従業員のヘルスリテラシーの向上に努めることで健康増進を図るとともに、従業員一人ひとりが働きやすい環境・体制づくりを進め、”ワクワクする会社”へと変わっていきます。

 

健康経営宣言

従業員の心身の健康は、会社の一番の財産です。

三洋化成グループは、健康づくりの取り組みを積極的に支援し、心豊かな会社生活の実現を図るとともに、従業員の多様性を尊重し、一人ひとりが自主性と創造性を発揮することで自己実現を果たし、企業の発展を通じて社会に貢献していきます。

 

代表取締役社長  樋口 章憲

 

 

組織体制と役割

これまで健康相談室と健康保険組合を中心に健康増進活動を進めてきました。2020年度からは、社長を筆頭に経営幹部が参画する「健康推進会議」が方針や取組内容の審議・決定を行い、各事業所の従業員をメンバーとした「健康推進チーム」が事業所ごとに従業員への健康経営の周知・浸透ならびに具体的施策を推進する体制としました。会社・労働組合・健康保険組合の三位一体で、全社一丸となり健康への取り組みを推進していきます。

 

 

健康推進会議

社長や役員、全社国内事業所の従業員をメンバーとした「健康推進チーム」でオンライン形式で開催しています。

 

第1回(2020年7月) 健康推進体制の発足と健康課題を共有
第2回(2021年1月) 健康推進活動中間報告と健康スコアリングレポートの情報共有
第3回(2021年6月) 健康推進活動2020年度報告と2021年度の取り組みを確認。健診データの経年分析から当社グループの健康課題を共有

 

 

健康推進事務局の活動状況

健康相談室 京都本社・名古屋工場・東京支社の健康相談室に産業保健スタッフ(保健師・看護師)が常駐し、従業員のこころとからだの健康相談に対応しています。他の事業所へは定期的に産業保健スタッフが出張し、すべての従業員が利用できるよう体制を整えています。
健康保険組合 健康保険組合では、人間ドックや生活習慣病検診、がん検診、フイットネスクラブ利用補助など、加入者の疾病予防や健康増進を目的とした保健事業を行っています。
労働組合 労働組合は各事業所に配置されている健康推進チームの活動を全面的にバックアップしていきます。 この取り組みがより充実したものとなるように尽力することで、従業員が幸せに働ける環境づくりのサポートをします。

健康推進事務局ミーティングを随時開催し、情報の共有化と健康経営戦略を企画しています。2020年度は外部コンサルタントを活用し、健康経営戦略マップを作成しました。健康経営戦略マップでは、5つの健康増進の取り組みに対する健康投資策とその効果検証の評価指標を定め、2025年度の目標値を決定しました。

 

 

 

 

 

健康増進支援の取り組み

当社グループの健康課題は30歳代の若年層が約3割を占めているにもかかわらず、生活習慣のリスクが高い傾向があり、若い世代からの生活習慣改善の施策が必要です。グループ全体としては運動・食事・飲酒の行動変容が課題として浮き彫りになっています。これらの健康課題を踏まえ、2020年度以降、健康支援アプリの導入、運動と睡眠を可視化するウエアラブルウオッチの購入補助、健康セミナーをオンラインで実施、スマートミールやスムージーの提供を促進するなどの健康施策を実施しています。その結果、2021年春の全社アンケートでは週一回以上の運動習慣を持つ割合が20%ほど増加し、従業員のヘルスリテラシーが高まってきているという変化が出ています。今後も従業員の行動変容を促す施策を継続し、従業員のパフォーマンス向上や組織の活性化につなげていきます。

 

 

 

取組実績

禁煙セミナーで約100名が参加し卒煙プログラムの紹介を実施し、12名が卒煙プログラムを開始しました。

 

5つの健康支援の取り組みに加え、がん対策推進企業アクションの一環としてオンラインでの「がんセミナー」を開催しました。当日は講師に中川恵一先生をお招きし、全社から約200名が参加しました。また、後日セミナーの録画配信も実施し、より多くの従業員へがん検診やがんに関する正しい知識を学ぶ機会を提供しました。

 

健康課題に関する指標の変化

 

 

 

 

新型コロナウイルス対応

2020年2月18日に新型コロナウイルス対策本部を立ち上げ、「一人ひとりが感染予防策をしっかり実施して、感染拡大を防ぐとともに事業継続に向けて備える」の考えのもと、感染症への対応や要請、ルール等について、イントラネットで適宜指示・周知しました。そのほか、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を推奨し、2021年1月からは希望する従業員およびその家族にPCR検査および抗体検査受検費用の一部補助を開始しました。複数回受検できます。

 

社外評価:「健康経営優良法人」に認定

経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定されました。健康経営優良法人として3年連続での認定となります。認定制度では理念・方針、組織体制、制度・施策実行、評価・改善における取り組み状況が数値化され、これらの総合評価ポイントで上位500社が「ホワイト500」に認定されます。

 

 

社外評価:「がん対策推進優良企業」表彰を受賞

健康保険組合が、厚生労働省の「がん対策推進企業アクション」において、令和2年度(2020年度)「がん対策推進優良企業」として表彰されました。がん教育や各種取り組み(大腸がん検診、乳房超音波検査、子宮がん検診、胃がんリスク分類検査、生活習慣病健診、特定保健指導)を実施した点が評価されたものです。

 

 

 

● 関連記事

2021年8月17日:当社の社員食堂が「健康な食事・食環境」認証を取得しました

 

2021年4月13日:「がん対策推進優良企業」として表彰されました

 

2021年3月8日:3年連続、健康経営優良法人2021に認定

 

2020年3月31日:2 年連続、健康経営優良法人2020 に認定

 

2019年3月7日:健康経営優良法人2019 に認定

PAGE TOP