SUPERABSORBENT POLYMERS高吸水性樹脂

高吸水性樹脂 サンウェット、サンフレッシュ

高吸水性樹脂とは

高吸水性樹脂(SAP)は、自重の数百倍から1,000倍の水を吸収し、多少の圧力をかけても吸った水を離さない高分子材料であり、1978年、当社が世界で初めて商業生産を開始しました。それ以来、SAPは、紙おむつを中心に、生理用品などの衛生材料用途(サンウェット)や、土壌保水材などの非衛生材料用途(サンフレッシュ)を含め幅広い分野で使用されています。
 

サンウェットによる吸水例

 


 

 

高吸水性樹脂の使用例と技術紹介

紙おむつでの使用例

高吸水性樹脂(SAP)は、紙おむつの主要部材であり、尿を吸収し保持する機能を担っています。
 

 

サンウェットの技術紹介

当社は世界で初めて高吸水性樹脂(SAP)の工業化に成功し、サンウェットを上市しました。以来、多くのお客様の様々なご要望に沿って、高性能な製品開発を続けています。当社ではSAPの組成設計を工夫することで、紙おむつの吸収速度を向上するとともに、表面の速乾性にも優れた紙おむつの設計を可能する等、より一層お客様のニーズにお応えしていきます。

 

吸収速度

従来品と比べて、吸収速度をコントロールしており、膨潤ゲルの通液性も向上しているため、吸収速度に優れた紙おむつの設計を可能にします。
 

 

 

速乾性

吸収速度コントロールに加え、吸収した液の保持性も高いため、肌と接触する表面の速乾性に優れた紙おむつの設計を可能にします。
 

 

注意することは

  • 吸湿しやすい製品特性ですので、密閉して保管ください。
  • ご使用される用途における適性および安全性は、使用者の責任においてご判断ください。

 

SDPグローバルについて

会社概要

会社名 SDPグローバル株式会社
設 立 2001年4月
資本金 2,900百万円
出資比率 三洋化成工業70%、豊田通商30%
本 社 東京都中央区日本橋本町1-5-6
事業内容 高吸水性樹脂の研究開発・製造・販売
生産拠点 日本(名古屋)
中国(南通)
マレーシア(ジョホールバル)

 

沿革

1974 三洋化成工業(株)がSAPの研究開発を開始
1978 三洋化成工業(株)が世界で初めてSAPの商業生産を開始
2001 サンダイヤポリマー(株)(現、SDPグローバル(株))設立
2003 三大雅精細化学品(南通)有限公司設立
2013 SDPグローバル(株)に社名変更
2015 SDPグローバル(マレーシア)SDN. BHD.設立

 

 

お問い合わせ

PAGE TOP